NEW POST

草間彌生展

かなり込み合っていることを覚悟して
出かけたのだが
込み合ってはいたものの
時間をかけてじっくり見ることが出来た
入ってすぐの空間は近年の作品!
圧倒される・・・

息子と出かけたのだが
心理テストのようにお互い今 気になる作品を言い合った
それぞれの作品に付けられた題名と今の心理状態をリンクさせてたのしんだ

幻想にかられた幼少期 多くの目 同化するかのように散りばめられた水玉
かなり激しい カラフルな色・・・
e0166053_07415015.jpg
e0166053_07420173.jpg

Commented by desire_san at 2017-05-15 21:52
こんにちは・
私も「草間彌生展」を見てきましたので、ブログを楽しく拝見しました。草間彌生さんは原色の輝かしい色彩を独自のデザインで調和していて、想定世界で暮らしてみるのも時には楽しいのではと思いました。独自の雌雄な発想を鮮烈な色彩と独特の形で具現化して魅力を肌で感ずることができました。私は草間彌生さんの美術とはある意味では真逆の美の世界といえる、ウィーン世紀末のクリムトとエゴン・シーレの代表的な作品をウィーンで観てきましたので、その魅力と美の本質を作品ごとに整理してみました。読んでいただけると嬉しいです。


Commented by misao_n at 2017-05-18 07:13
desire_sanさま
コメントありがとうございます。ものづくりをしている者としては色の組み合わせは常になやみます。 desire_sanさまのブログ拝見させていただき勉強させていただきます~
by misao_n | 2017-04-19 12:30 | イベント | Comments(2)